松下農園へようこそ
次郎柿の栽培を一筋80年、祖父から受け継がれた果樹園を三代にわたり大事に引き継がれています。
日記

梅雨が明けました

7月23日少し前に梅雨があけました。

夏の暑さで日中は34度、柿畑にいても暑さで熱中症になるので夕方からの作業です。

この時期は雑草との戦いです。農業も昔と思えば近代化が進み乗用草苅機で楽に刈ることができます。

1反を15分位できれいに刈ってしまいます。遊園地のゴーカート気分での作業。夏の枝抜きも終わり風通しが良くなり、害虫、枝傷などの心配も無くなりました。

摘蕾作業も間もなく終了です。大きな果実にするために沢山間引きしました。