淡竹 はあく抜きが簡単!?その理由とは

先日採れた淡竹(ハチクダケ)を調理したいと思い、あく抜き方法などの下処理を紹介していきます。

「筍はあく抜きが面倒さくてあきらめてます」と思う人がいましたらちょっと待ってください!

淡竹は他の筍と違ってあくが全くないです!なので下準備が楽なので、ぜひこの機会に調理してみてはいかがでしょう。

 

今なら松下農園の無人販売所にて採れたての淡竹を販売しております。


採れたての淡竹だよ

1.皮を剥く

まず、根っこがついている淡竹がありましたら根っこの部分を切り落として下さい。

固くてとても食べられません。

 

次に、根っこから先に向けて包丁で切り込みを入れてください。

中身の筍に切り込みが入っても大丈夫です。

 

そして、切り込みを入れた部分に指を入れ、開くようにして皮を剥ましょう。

2.鍋のサイズに合わせて切る

茹でる予定の鍋に入るサイズに合わせて切りましょう。

今回は縦に切り、横に約20センチぐらいに切りました。

使用する鍋はできるだけ大きいほうが良いです。

3.茹でる

鍋に水を張り、強火で沸騰させましょう。

落し蓋などがあると良いかもしれません。

沸騰してきたら、弱火に切り替えて吹きこぼれないように気をつけましょう。

15分程度茹でたら火を止め、そのまま冷めるまで放置しておきます。

完全に冷めたら、水で洗い調理出来ます。

 

そして、サッとお湯を切り、水で洗浄して下さい。

さいごに

孟宗竹とふきの煮物

 
淡竹とシーチキンの金平風

今年の淡竹も、食感がよくてとても甘みがあります。

筍は沢山の料理に使えるがいいですよね。この時期だと筍ご飯とかおすすめです。

スポンサーリンク