次郎柿・富有柿の1年間スケジュール

12月~2月 剪定

温暖な地域でもすっかり寒さが強くなる12月に入ると、次郎柿を手掛けている各農家は木々の剪定作業に着手するようになり、剪定作業を行う事により来年も甘くて美味しい柿をたくさん実ってもらえるようにします

12月から2月のように農休日の期間が直前に迫っている何も実が無い様子ではイメージし難いですが、来年は1本あたりの木におよそ300個の柿を実らせてくれる事をイメージしつつ剪定作業を進めていきます

剪定作業を行う理由は成長し過ぎてしまい自らの木や葉、実などにより他の柿の育成を遮ってしまわないように間引きをする事なので、実る絶対数が少なくならないように注意しながら全てに日当たりが良くなる事を考えて作業を行います。

【参考記事】
柿の剪定について

3月~4月 農休業

人間にとって最も寒さが厳しく感じられ本格的な冬の到来を肌身で感じるのは12月から2月頃にかけてであり、3月から4月になれば春の陽気が感じられる日も増えてくるものですが、次郎柿・富有柿においては3月から4月というのはまだ真冬の状態です。

そのため、それぞれの木々を目にしても一切新芽が出ている様子は感じられないですし、剪定作業は12月から2月にかけて済ませてあるので農家としても行える事が無い状態です。

そうした状態であるが故に例年農家は3月から4月にかけて農休業という期間に定めており、1年間休みが無い中で唯一の休みの期間という事になります。本格的なシーズン到来に向けて機器のメンテナンスや買い替えをします。

4月~6月 夏期剪定 摘花

3月から4月の農休業を終えるといよいよ本格的な柿の育成シーズンが到来する事になるのですが、シーズンインした時に行うのはやはり各木々の剪定作業からです。

12月から2月にかけて念入りに行った剪定を再度行う必要性があるのか疑問に感じる方が少なくないですが、柿のように大きくて甘い実を実らせる様子からもわかる通り、柿の木は非常に力強く成長していく事ができる能力を有しているので、3月から4月にかけて剪定をしていても既に日差しを遮ってしまいかねない程成長している箇所があります

もちろん、一夏を越しているわけではないので前回よりも手を加える部分は少なめですが、細やかな微調整を目的として再度剪定しつつ花を摘んでいきます。

【参考記事】
柿の摘蕾・摘果について

7月~8月 摘蕾

1年の間に2度繰り返す剪定作業は従事する機会と時期が多いからこそ作業の中でも印象に残りやすい作業内容なのですが、そもそも作業を行う理由は多くの柿をできるだけ大きく実らせるためです。

そうした剪定作業の意味と少し相反するように感じられてしまうのが摘蕾という作業なのですが、文字通り蕾を取り除き処理していく作業内容の事を指します。

柿というのは1年間のうちに集中して多くの実を実らせる事ができるのですが、翌年には反動が生じてしまい著しく得られる実が少なくなってしまいます。

農家は毎年安定した供給量を育成させ、市場に対して流通させなければならないという使命があるので、1度にたくさん実らせてしまわないように適材適所で摘蕾を実行します。

【参考記事】
柿の摘蕾・摘果について

10月~11月 収穫

木の枝や土壌づくりなど手塩にかけて手掛けてきた柿は時間の経過と共に秋にむかって成長を続け、10月になれば収穫に着手できます。

収穫をするタイミングは実の色が鮮やかなオレンジ色をしていて、張り裂けそうな程内部の果肉が詰まってきた事が外部から見ても確認できるようになったタイミングです。

スポンサーリンク